こんにちは。

ハウスINハウス 浜松中店スタッフの八木です。

    

★健康寿命の方程式★ =生活習慣×食習慣×住環境

    

できることなら、長く健康で、過ごしたいですよね。

健康のための3つ.jpg

     

        

 

   

   

みなさまも、健康のために

歩く、プールやジムへ通う、(運動)

タバコやお酒を控えめにする 睡眠をしっかりとる(生活習慣)

塩分控えめ 食べ過ぎを控える 野菜を多くとる(栄養) 

    など、

運動、栄養、不摂生の禁止  を実践して  

いらっしゃる方は、多いのではないでしょうか???

       

私の身近なところでも、います、実は、父ですが、いわゆる  (健康マニア?健康好き?)

以前より健康には、かなり気を使っており・・たとえば

 いろいろと運動器具がそろっています。振動マシン、室内歩行マシン、乗馬マシン、金魚体操マシン、ヨガグッズ一式、目に当てる音波器具、など、など、、、

    たくさんあります。

 毎朝日課として、体操一式→日光浴→大量のサプリや油を摂取・・・

 お肉より野菜が好き、産直の野菜売り場大好き

 エゴマを栽培 ヨモギを採集 発酵セミナーへ参加

 健康に良い、酵素ジュース を、自宅で作成して飲む!

    

    そのくらい健康への意識が高い私の父ですが、

家の温熱環境に関しては、やはり意識が低かったです。 

     

寒い家は、運動不足メタボと同じように血圧上昇の原因、それが動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を

引き起こしてしまいます。

         

  先日ちょうど、お正月で実家に泊まりましたがその際に

「お風呂の推奨温度は、41℃、熱いお風呂は、家が寒いと、急激な温度差による

ヒートショックの危険がある」

「ヒートショックって言葉知っている?今はまだ65歳だからいいけど、お風呂で意識を失って

溺死してしまうから危険だよ」 

と伝えましたが、やはり、なかなかピンとこないようです。

              

■家が寒くて、家の中で綿の入ったコートを着用している。

さらには夜寝られないので、

■48℃に設定したお風呂に入って、(※危険です

そのまま冷えないうちに寝ているそうです。

48℃のお風呂ですので、普通熱すぎて入れないですよね?

この時期、父以外は 浴槽には浸からないそうです・・・!

       

国の推奨する41℃では物足りないかもしれませんが、

お父さんのヒートショックを防ぐために

せめて45℃くらいで とお願いしました。

お風呂用の水素水生成器を使って、(これは余談ですが、水素水生成器マルーンというものをつかうと、ぬるま湯でも汗がとても出て入浴効果が高まるのでおすすめです)

少しでもぬるいお湯、を心がけてもらうことに、

なりました。     

       

ハウスINハウスモデルルーム体感イベントの

詳細は

こちら

こんにちは。

ハウスINハウス浜松中店、スタッフの八木です。

【お知らせ】

2月9日(土)、10日(日)、11日(月)、15日(土)、16日(日) の5日間

断熱工事の体感会を開催します。

20190113181824-0001.jpg

ハウス IN ハウスのリフォーム工事は、なんといっても

断熱性、気密性が向上できることがポイント。

断熱工事というのは、まほうびんのようにスキマなく ぐるっと施工しないと、いけません。

まほうびん.png

断熱材の施工を、連続させることが、最重要なのです。

     

一部でも、断熱材が途切れてしまうと、そこから熱はどんどん逃げて行ってしまいます。

      

どんなに優れたまほうびんでも、フタを空けていたら、中身は冷めてしまいますよね?

それと一緒なんです!

     

ですから、せっかく断熱工事をするなら、連続性を持たせた施工をしなければ、

さらに、スキマ風のないように 気密性も良くしなければ、

ほとんど意味がないのです!

    

一般的な、断熱工事(外から断熱材を貼る・壁の中に断熱材を充填する など)では、

連続断熱エリアをつくるためには、家全体を断熱するしかない!

なので、     

大金をかけて家全体を断熱するか、

断熱工事はあきらめて

なにもやらない

という、オール OR ナッシング になりがちです。 

   

ハウス IN ハウス であれば、

断熱壁→断熱天井→断熱マド→断熱建具→断熱床→

と、連続して施工していくことが可能です。 

   

HIHの雨カッパのイメージ-2.png

それは、内側から、ハウスインハウス断熱パネルを貼っていき、

もう一つの家をつくるから!です。既存の家は、雨風をしのぐカッパのように

そのまま使用します。パネル同士、パネルとマド、パネルと建具 の間は

スキマのないように、ウレタンで埋め、気密性を良くします。

    

使ってない部屋がたくさんあるのに、全て断熱工事をする必要はありません。

    

余分なお金をかけず、必要なところだけ、断熱工事ができます。

こんにちは。

ハウスインハウス 浜松中店の八木です。

【お知らせ】

寒い冬こそ、体感できる!

断熱リフォームモデルルームの体感会を、2月9日(土)10日(日)11日(月)の3連休 と、

さらに2月16日(土)、17日(日)  に開催いたします。

2月9日(土)、10日(日)の2日間は、夜の特別体感会を開催!

寒い冬の、夜・・・ 

①「ハウスINハウスパネル」で床・壁・天井の六面体、おうちのなかにおうちをつくり、断熱・気密を良くしたエリア。

②見た目は同じようにきれいにリフォーム。でも断熱・気密はそのままのエリア。

の比較ができるように、準備しています。

それぞれの差は歴然です。

片方はエアコンで暖かい空気(22℃)はくるけれど、でも、冷たいスキマ風が入ってくるし、カベやマドは、外気で冷やされてとっても冷たい、

なんだか寒い部屋・・・

ハウスINハウスで おうちのなかにおうちをつくったエリアは、 気密性を高めてスキマ風はなし。

床・壁・天井 6面の断熱パネルに囲まれて、壁の表面温度は、外気の影響を受けづらくなっている!

だから同じエアコン設定温度(22℃)にしたとき、体感温度は果たしてどう変わるのか・・・???

一度、ご自身の体で、感じてみてください、本当におすすめです。

何にも代えられない、みなさまの大切な健康寿命に、影響することなのです!

20190113181808-0001.jpg

浜松は、冬でもあたたかく、雪などめったに降ることもない。風は強いけど・・

そんなエリアですが油断大敵です。

暖かい居間→寒い廊下→寒い脱衣室→暖かい浴槽

といった 〝家の中の温度差〟が原因で、

血圧が急上昇、そして急降下します。

すると血管・心臓に大きな負担をかけます。

この現象をヒートショックというのですが、

ヒートショックが引き金となり、脳梗塞や、心筋梗塞を引き起こし、

年間1万7千人もの方が、亡くなってしまっているのです。

この数は、交通事故死亡者数の、約4倍にのぼります。

外で事故に遭うよりも、家庭内で事故に遭う確率の方が、

本当は高いのですね・・・

〝 いってらっしゃい〟 よりも、 〝お帰りなさい〟 のあとに、

      ≪気を付けてね≫   言わなければならないのが、残念ながら、日本の現状です・・

意外に思われるかもしれませんが

北海道や、 東北 等

寒いエリアは家の断熱がしっかりされているので、

ヒートショックの被害は少ないのです。

浜松のように、温暖な気候に恵まれた地域ほど、家の断熱設計が軽視されてしまい、

結果、ヒートショックが多発してしまうのです。

こんにちは。

ハウスインハウス 浜松中店 スタッフの八木です。

本日から、ブログを再開いたしますので、よろしくお願いします(*^。^*)

ハウスインハウスについて、すこしづつご案内させていただきますので、

どうぞ楽しみに、してくださいね!

HIHの雨カッパのイメージ-2.png

ハウスインハウスは、おうちのなかに、おうちをつくる! 

現在の家が、寒くてお困りの方は・・・・

例えるならば 冬、裸に雨カッパを着ている状態!

ハウスインハウスの施工は、

今のおうち=雨カッパをそのまま使い、

その中にセーターを着たようになります!!

(セーターのように暖かいのは、断熱パネルで床・壁・天井の6面を

隙間なくびっしり しっかりと 施工をするから)

セーターだけでは、屋外に出たら寒いですね。

しかし

今のおうちを 雨カッパのように外に着ることで、

セーター+雨カッパ で

外にいてもあたたかいですよね。

そんな住環境を、つくることが可能になります(*^。^*)

オーラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

たまに、おしゃれってなんだろうと考えるときがあります。

その際はよく雑誌を読むようにしているのですが

この前も同じように考えていて、ふと思ったのです。。。

おしゃれって「人のオーラで作られているのではないかと」

僕が好きな俳優、アーティストに窪塚洋介さんがいます。

どんな服を着てもサマになると思うんです。

ボロボロのTシャツにボロボロのジーンズでも

窪塚さんが着るとおしゃれに見えてしまう。

なんでだろう。。。あ!オーラがあるからだ!

オーラ出したい。。。と自分も思いました。笑

どんどんいろんなことに挑戦して自分を磨いていき

オーラを出したいと

思っております。。。

根拠のない自信ほど強いものはないですね!

家の熱中症対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

「あついよ~」家の中は、エアコンつけなければ、いられません。

皆さんの家は、どうですか?

窓開ければ、涼しい風が入る~じゃなくて「熱風ダ~」

熱の侵入の73%は、窓から、大きな窓があれば、夏は暑いですよね。

そこで、窓の外に、すだれや、今ならターフなど光を遮断するもの

で覆うことで、外からの熱を遮断できますよ。

ちなみに、うちはつる科の植物を植えて、日よけにしています。

なかには、ガラスにフィルムを貼ってる家もありますよ。

みんな工夫して暑を防いでいますね。

CC_img_05.jpg

     環境省 「COOL BIZ」

6-1.jpg

以前、断熱改装工事させていただきましたS様邸の玄関です。

断熱はもちろんですが、「和」のデザインに心を打たれました。

このようなデザインが生まれたのにも「言葉」が関わっていると

話を聞いたことがあります。

桜が散る

梅はこぼれる

牡丹は崩れる

菊は舞う

椿は落ちる

日本語は表現力が高く美しい言葉が多いため

他国とは違った美しさがあります。

リフォーム、リノベーション工事で敢えて古民家なんてのも

良いかもしれませんね(^¥^)♥

対応しておりますので、是非お声かけください。

モデルハウスにてまずは見学を!!!

みなさん、こんにちは。

もうじき梅雨に入りますね。この1週間はグズグズした天気になるそうです。

さて、先日5/26、27の二日間、磐田市で高断熱リフォーム内覧会が開催されました。

今回、8組のお客様に内覧会にご参加いただき、誠にありがとうございました。

気になるビフォアーアフターをご紹介いたします♪

ハウスイン内覧会(前)1.JPG

↑こちらがリフォーム前のキッチン

2018.05.26 ハウスイン内覧会1.jpg

↑こちらがリフォーム後のキッチン

とてもスッキリとして明るい空間になりましたね。会話も弾みそうです♪

次は。。。

ハウスイン内覧会(前)3.JPG

↑リフォーム前の洗面スペース

光があまり入ってきておらず、薄暗くなってしまい湿気も多そうです。

2018.05.26 ハウスイン内覧会3.JPG

↑リフォーム後

光と風を取り入れる窓がつけられ、ジメジメした空気を入れ替えられるようになりました。

ハウスイン内覧会(前)2.JPG

↑リフォーム前の玄関

明るいけれど、物がたくさんあるのでお花の良さが隠れてしまっています。

2018.05.26 内覧会2.jpg

↑リフォーム後

収納をうまく使い、ごちゃごちゃした空間がすっきりと。お花も存在感が出ました。

いかがでしょうか?

長年住んできたお家の住みやすさを変えることなく、夏は涼しく、冬は暖かいお家に変えることができました。

それだけではなく、たくさんのものを収納したり、今までの「困った」を快適に変えることができる

ハウスインハウスのリフォーム。

みなさんも、ぜひ一度ご検討ください。

お問い合わせは053-425-1811まで。

お待ちしております。

みなさん、こんにちは。

GWが始まりましたね。

遠くへお出かけする方、近場でゆっくり過ごす方、

いろいろな方がいらっしゃると思います。

天気予報によると、2日、3日あたりがお天気崩れるようですが、

おおむね晴れそうです。楽しいGWをお過ごしくださいね。

さて今日は、「高断熱リフォーム内覧会」のお知らせです。

5月26日()10:00~17:00

5月27日()10:00~17:00

磐田市掛塚845

S様邸にて開催されます。

お子様が独立され、ご夫婦でお二人暮らしのS様。

冬でも暖かく、健康で元気に暮らせるお家にしたいというご希望でした。

断熱リフォームで快適になったお家を、是非体感しにきてください。

お待ちしております。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。

お気軽にお電話ください。

053-425-1811 西遠建設ハウスインハウス

内覧会(チラシ).jpg

2017年もあと数時間で終わりですね。

みなさんは、どんな一年でしたか?

一年間ハウスINハウスをごひいきいただいてまことに

ありがとうございました。

2018年1月2日から、「新春 家づくりフェア」を開催いたします。

一年の初めという事で、楽しい企画を用意してお待ちしております。

(R+トレイン・餅つき・おかしつかみ取りなど)

2018年もよろしくお願いいたします。

ハウスINハウス 一同

20171228111423.jpg